Translate

2018年10月22日月曜日

サウジアラビア殺人事件

師岡カリーマの「本音のコラム」より(以下転載)

政権批判で知られるサウジアラビア人ジャーナリスト
ジャマル・ハショクジ氏(日本の報道ではカショギ)
が、トルコで自国の領事館に入ったまま失踪した事件。
中で殺害されたことは、もはや確実らしい。
凄惨なギャング映画とずっこけスパイ喜劇が合体したような
奇怪な展開が全世界で注目を集めるのもしかたない。

サウジアラビアと親密な欧米諸国も
今回ばかりは動揺がみられ
まずは民間企業でサウジアラビアとの投資関係を
見直す動きが報道されている。

サウジアラビアで予定される投資会議「砂漠のダボス」も
各国の民間企業の出席取り消しが相次ぐ。

いまさら?

少なくともハショクジ事件は一応まだ謎が残る。
一方、イエメンの惨状には・・・
謎もイチジクの葉もない。
※イチジクの葉とは、都合の悪い物を隠すという意味。
由来は、アダムとイブが陰部をイチジクの葉で隠していたからと言われる。

サウジアラビア率いるアラブ同盟が

イエメンへの軍事介入で不要に拡大した内線により
過去100年で世界に類を見ない『飢餓』に直面するイエメン。
援助団体によれば・・・
去年は、毎日130人もの子供が死んだという。

八月には米英仏が支援する同盟軍が
スクールバスを「誤爆」した。
大人とは別に、40人の子供の命が奪われた。

イエメンの飢えて瀕死の幼児の映像を見て・・・
投資を見直した大企業はあったか?


「サウジアラビアは10兆円の武器を買ってくれる。」
「失踪事件関与を否定する国王と皇太子を信じよう。」
というアメリカ大統領を筆頭に・・・
利益至上主義世界全体が・・・
これらサウジアラビアの政治を批判していたハショクジ氏の死に
加担したのではないのだろうか?

以上
(10月20日東京新聞夕刊より)

日々、ワイドショーをお楽しみの皆様。
ちょっと、想像してみてください。

朝、いつもと同じように「行ってきま~す。」と
笑顔で手を振りながらスクールバスに乗って行った我が子が
空高く飛ぶ戦闘機からの突然のミサイル攻撃で
何の前触れもなく、殺される現実を。

一瞬でこの世から焼き消えてしまった我が子たち。
親たちには、すぐには知らされなかったでしょう。
何が起きたかも解らず・・・
現場に行っても誰の肉片かも解らず途方に暮れ

犯人は、逮捕もされず、責任を負いもせず。
誰がやったのかさえ分からない。
ただ正義の為だったと言い
「テロリストと間違えた」と支援国一同、一切悪びれない。

そんな絶望な出来事が、今、この瞬間・・・
ドンドンと起きているのです。

その究極の理不尽には何もスポットライトが当たらず
日本では数秒のニュースになるだけ。
「戦争は別もの」という摩訶不思議な認識。

子供が、毎日130人も餓死していても
「戦争だから仕方ない」と皆が思う。

戦争を支援する先進国でテロが起きて
欧米人が死んだ途端「平和への挑戦だ。」と大騒ぎ。
マスコミは何時間も特集し、日本国民全員がいきり立つ。

テロを起こしているのは戦争の被害者で
テロが起きているのは、戦争を支援する国。
そこには、誰も触れない。

また、身近な東南アジアでも毎日のようにテロが起きています。
全く報道されていないですが
観光で人気のタイでは、去年に月平均17件のテロが発生し
外務省から渡航中止勧告まで出ていたそうです。

近くのアジアは全くの無関心で
遠くフランスやアメリカに親近感があり敏感という不思議。



地球儀を見て、物凄い違和感を感じてください。


北朝鮮なんて隣ですよ。
東京から九州に行くのと同じ距離。
目と鼻の先。

それなのに・・・
なぜ、こんなに他人任せで・・・
なぜ、これほど他人行儀にできるのだろう?

師岡カリーマさんのコラムをみて・・・
日本のもつ『気持ち悪さ』を強く感じます。

普通の人間は「遠くの火事より背中の灸」です。
近くで起こっている事に敏感な生き物なのです。
ですが、今の日本は、すべてメディア次第。

ワイドショー&ニュースショーで、コントロールされ放題。

メディアの扱い方一つで
その感覚がいくらでも麻痺してしまう。

そこにこの国がどうとでもなってしまう危うさがあります。

それを改めて知らされた、カリーマさんの記事でした。


2018年10月21日日曜日

赤い靴

横浜生まれの私。
44年間生きてきて、衝撃的な事実を知りました。
横浜生まれだったら、誰でも1度は効いたことがある
童謡歌「赤い靴」



※キッズボンボンTVより
https://www.youtube.com/watch?v=MMFkZSKlASM

本当にあった話なんですって!!
以下、今日の東京新聞より

女の子のモデルは・・・
1902年に静岡県で生まれた『岩崎きみ』とされる。
未婚できみを生んだ母かよと北海道函館市へ移住。
その後、結婚相手の男性と未開の地へ開拓へ向かう。
自然条件が厳しいルスツ村だ。

母はまだ三歳の愛娘の身を案じた。
そこで函館の米国人宣教師に娘を養女として預けた。

娘は、宣教師とアメリカに渡米することになっていたので
母は、むすめがアメリカに行ったと思い込んでいたが
娘は、日本で結核にかかり9歳でこの世を去ったとされる。

母かよは、死ぬ間際も娘の名前を口にし
「きみちゃんはアメリカに行ったんだ。」
と言いながら、この童謡を歌っていたという。

ええええっ!
自分が子供のころに教えてもらった内容と全然違う~!!
すっかり、異人に連れ去られたとばかり、思ってました。
しかも横浜ではなく、函館!!

さらに、9歳で亡くなった我が子を
アメリカという地でずっと生きていると思い
その大人になった姿を想い続けていたお母さん

何もかも衝撃的です。(TT;)

2018年10月20日土曜日

ジュニアオーケストラ

先週、子供たちを迎えに小学校に訪れると
掲示板にこんな紙が貼ってありました。


「鎌倉ジュニアオーケストラ」ですって!!

小学生低学年から中学生が対象の
子供のオーケストラ。

すご~い、興味津々です。

母国語以外の一つの言葉と
一つのスポーツと
一つの楽器さえ習得していれば
どこの国に行っても生きていける

ピーターフランクルさんがテレビで紹介していた格言です。(^^;)

大人として25年ほど生きてきた私。
本当にそうだな~と、思うのです。

もし、日本語以外でもう一つ言葉が喋れれば
その国に住むことも出来るのです。

ちなみに我が子、まだどれ一つもマスターしておりません。
オーケストラ良いな。
面白いな~!

という事で、深夜にホームページを見てみると・・・
http://kjo.minim.ne.jp/

張り紙では、とてもフランクに感じ
「もしかしたら、無料?」なんて思いましたが
やはりそうは問屋が下ろしませんね。

①小学生3年生から
②入会金:10,800円
③月会費:9,180円
④別途:楽器レンタル料
⑤別途:教材費
⑥保護者月会費:500円
⑦合宿:別費用
⑧演奏会:別費用

やはり、そうなりますよね。(TT)

普通の習い事と同じで、しかも総合すると高そうだ。

楽器、なにかマスターさせたいな~。
でも、本人が興味を示さないと意味が無い。

息子の友達の中には、すでに大人顔負けでピアノを弾く子がいます。
我が家に遊びに来て、遊びで買った安いキーボードの鍵盤を
クラシックのピアニストのように弾く姿を見て
物凄くうらやましく思ってしまいました。

そういえば・・・
甥っ子がフルートをマスターしていたな~。
フルート、教えてもらおうかな?

そうすれば、タダだし。(゜゜)

その前に、学校の縦笛をしっかりとふけるようにしないとダメかな?

2018年10月19日金曜日

最強の子育て法

岡崎勝の「子供ってワケわからん」より(抜粋)

先日、講演会にて
「子育てのコツはなんですか?」
という質問を受け、答えに詰まってしまった。
お母さんは正解を求め
様々な育児本を読み、専門家に相談したり
とても熱心で真剣。

こういうとき
「正解なんてありませんよ」
なんていう原則を言っても
対話は成立しない。

具体的に聞いてみると
「褒めて育てるというのが、難しい。」
「自分が疲れていると、どうしても叱る数が多くなってしまう。」と。

褒めて育てるという方法も
原則的には正しいと思うが
簡単ではない。

仕事や家事で疲れ切っている日々では
どうしても口うるさく叱ってしまい
後で自己嫌悪をに陥ることは、私もよくあった。

そういう場合・・・
お母さんであれ
お父さんであれ
叱り過ぎたら「何が食べたい」と子供に訪ね
美味しい物を作ってあげる。
一緒に遊んであげる。

大変かもしれないが
出来るだけ優しく元気な親を
子供に見せる。

高価なプレゼントをすると
「愛情はお金で買える」
ということを、子供にすり込んでしまう。

お金ではなく
『元気な親でいる事』
これが一番の子育ての環境なのである。

なるほど。
あまたの教育本や育児本が出ていて
様々な事が書いてあり
世の母親は、何十何百とそれを実践してみたり
正解をさがしながら疲弊していく昨今。(苦笑)

そして子はあっという間に成長し
気が付けば小学生になり、気が付けば中学生になり
焦るばかりで、過ぎていく。

そんな後も先も見えない子育てに・・・
とても簡単な正解が、今日、見つかりました。

「親が元気でいる事」
「親が優しくいる事」
「親が仲良くいる事」

教育本どおり型にはめようと
日々、ピリピリ、イライラ子供に接しているお母さん。
自分の思い通りに行かないから
どうしても子供に強く当たってしまいますね。



そういう時は・・・
その手に持っている本を本棚に戻し
スマホを棚に置いて

まずは、お父さんにニコニコ笑顔で優しく接するところから始めましょう。
そうすれば、お父さんもニコニコするようになり

そのニコニコで家が包まれ
子供もニコニコになります。

あとは、皆で健康で元気でいるため
美味しいご飯を作り、みんな団欒ご飯を食べる。

今の一般のご家庭は、共働きが多く
朝もバッタバッタでごはんもバラバラ。
「急げ」「早く」「ちゃんとしろ」「時間が無いぞ」
とそんな言葉が常語となり
家の中が刺々しい空気になります。

夜もお父さんの帰りが遅くて
中々、みなで食事をするのは大変ですが

そここそが、親の頑張りどころ。

子供単体に全ての目が奪われ
皆、自分の体や精神はおざなりですね。
でも、それが大きな子育ての誤りだったんです。

マイホームを『ほんわか』させる事。
それには、子供に意識を奪われず自分の足元を日々見つめる。
ママが健康を保つための努力を一番に考える。
ママが笑顔なら、家族全員が笑顔になる。

なるほど!!
『親が元気でいれば良い』
というのは、本当に確信ですね。

岡崎さん、目からうろこです!!

2018年10月18日木曜日

収集欲

息子が朝日小学生新聞を読みはじめて
早9か月。
少しおざなりになって来ました。

読めと言わないと、読ま無い日が多々。(TT)
むむむ、どうしよう。


そんな時、事務所で大量に余るクリアファイルに
頭を悩ませていました。
不動産会社では、様々な報告書がクリアファイルで送られてきます。
中身は、別のファイルに保管するため
大量に不要なクリアファイルブックが出ます。

捨てるには勿体ない。
どうにか有効に活用できないか?

そんな中、息子の新聞問題が重なり・・・
私、ピンッときました。
その中古ファイルを息子に手渡して
「気になった新聞記事を切り取って入れてみたら?」
と言ってみました。

すると息子、「おおおっ」と雄叫びを上げながら
こんなものを作りました。

子供って、収集癖がありますよね。
今、子供の中で流行ってるデュエルマスターズを筆頭に
遊戯王・ポケモンカード・バディーファイト・・・etc

幼い収集欲をくすぐって
大企業が金儲けしているものばかりです。

妖怪ウォッチのメダルもそうだし
ポケモンGoもそう。

僕らの時代だと・・・
キン肉マン消しゴムやビックリマンチョコも同じ。

ちなみにうちの娘は、ダンゴ虫を収集することに一時ハマっていました。
ECOだ。(笑)

ホームセンターに行くと
妖怪メダルのガチャガチャの前で
行列ができていて
小さい男の子とお父さんが
何百枚と入っている収納ケースを開き
ガチャガチャをやる順番をひたすら待っている姿
良く見ます。

なぜ、あれほど夢中になるのでしょう?

子供の「やる気スイッチ」って中々、見つけることが出来ません。
でも、日本の一流企業がターゲットにして
一点に狙いを定めて実際にボロ儲けしているわけですから
親もこれを使わない手はありません!!

話は戻りまして・・・
子供に新聞を集中して読ませるにはどうしたらよいか?
記事を収集させたらどうだろう?

そう踏んだ私。
ブログの冒頭に戻ります。

我が子、ファイルを手渡した日。
その日から、夢中で新聞を切り取りだしました。


そして、クリアファイルに自分の自筆の説明文をつけて
貼り始めました。

なせお菓子の作り方なのか?
ムーンストーンというのが興味をそそったようです。


こんな記事も本人が面白いと思ったのですね。

これは、親にとっても画期的なファイルになります。
なぜかって?
自分の子供が何に興味を持つかが一目瞭然なのですよ。
このファイルを後で見るだけでそれが解っちゃう。

子供の趣味趣向が解るって、親として凄い事です。

とにかく漠然としていて
なにが間違っていてなにが正解か?
全く分からない子育てに、とても一役買います!

やはり・・・
この『収集欲』
使わない手は無いですね。

ふふふふふっ!