Translate

2019年2月9日土曜日

手造りクッキー

1月に娘から私にうつった風邪。
それが原因で、私・・・
どうやら副鼻腔炎と気管支炎になってしまったようです。
数日で風邪の症状が収まりましたが
その後、今に至るまで鼻水と痰が止まりません。

まるで、花粉症のような状態です。

今まで、花粉症知らずで生きてきたのですが
2週間ほど疑似体験をしてみて
その苦しみを初めて知りました。
こりゃ、しんどいもんですね。
こんな苦しみを花粉症の人は、毎年毎年繰り返してるのか。

厚生労働省の調査では・・・
現在、日本国民の20%が花粉症なのだそうです。
日本の人口は平成31年1月で12632万人なので
花粉症の人の総数は、なんと2500万人ということになります。
(本当かなぁ~?)

今日も仕事をしながら1日100回以上鼻をかみ
その都度、もう少しで始まる花粉シーズンを想い
毎年、1か月間も杉・檜・ブタクサに苦しむ
2500万人の方々に頭が下がるのです。(^^;)

先週は、その症状がマックスで・・・
せっかくの休日も家で安静に過ごしました。
私の傍らで、水疱瘡の息子は寝込み
妻も「娘→私→妻」と移っていった風邪でダウン寸前。

ただ一人、娘だけは元気いっぱい。

朝、気管支炎で咳き込み痰を吐く私に向かい
「学校にバイクで迎えに来て。」と笑顔。
断ると「絶対に来て!!」すごむ娘。
妻ゆずりのドSぶりです。

顔を洗いながら言い・・・
着替えながら言い・・・
ご飯食べながら言い・・・
登校する直前まで20回ぐらい言い続け

「来なかったら、きん●蹴るからね!!」
とまで仰る。(TT)
仕方ないので・・・
昼過ぎに布団から這い出て、娘をバイクで迎えに行きました。

学校で拾い、タンデムに乗せて震えながら帰ってきて
家に入りすぐ「寝かせてくれ」と布団にもぐり込む私。

すると、娘。
「クッキー作るから手伝って!!」と
寝る私をすぐに叩き起こし、キッチンに連行。
否応なしに、クッキー作りが始まりました。

妻と息子が寝込む家で、気管支炎のお父さんが
ドSの娘にたたき起こされてクッキー作り。

ある意味、カオスです。

さて・・・
クッキー作りといっても難しいものではありません。
イトーヨーカドーで買った「手作りセット」を使います。



価格も安く、786円です。

粉を牛乳で解いて、バターと砂糖を入れて混ぜます。


ほどよく混ぜたら、チョコチップをまぶして
ラップで挟んで
5mmほどの厚さに伸ばします。


伸ばす棒は、サランラップの芯が最適。

伸ばしきったら
30分ほど冷蔵庫で寝かせます。

程よい硬さになったことを確認し
冷蔵庫から取り出して、次は型抜き。


型抜きしたら、余った生地を残しておき
その生地を使い
顔をあしらっていきます。


そしたら、電子レンジオーブンで焼いて
出来上がり!!


咳き込みながら・・・
手伝ったので・・・
出来上がりの見た目は、いまいちですね~。

でも、味はバッチリ!!

イチゴとミカンもありますよ~


ちなみに・・・
前の週に娘が妻と作ったものと比べると
出来上がりに歴然の差があります。

↓↓これが妻と娘が作ったクッキーの写真。


まあ、仕方ありません。
妻は「チョコペン」も使ったらしいですし・・・
僕は体調不良でしたし・・・

ね。

使用した「粉」「チョコチップ」「型抜き」は
手造りセットに同封されています。
よって、牛乳とバターと砂糖さえあれば
とても簡単に作ることが出来ます。

女の子がいるご家庭のお父さん。
この手造りセット、お勧めですよ~。
ぜひ、お試しあれ。

クッキーを作れば寝れると思って・・・
一生懸命頑張った私。
その後、夜9時まで
みっちり娘の遊びに付き合わされました。

我が家一番の強者は、娘です。(TT)

0 件のコメント:

コメントを投稿