Translate

2019年2月7日木曜日

ヤマダ電機の保証

テレビが壊れた話を先日しました。
4年半前に買った大型の薄型液晶テレビです。

買った店は、ヤマダ電機の大船店。
当時フルハイビジョンの最新機種で、高額でした。

買い替えを覚悟しましたが・・・
そういえば、ヤマダって
長期無料保証付が売文句ですよね?

書類を引っ張り出してみたらレシートを発見。
「5年間の無料保証」と打印されています。
保証期間内じゃん!!
やった~!!無料で直せるぞ!!!

ということで、休日早速ヤマダ電機へ。

大船店は再開発により無くなっており
仮店舗が西友大船店に入っています。

受付窓口に行き、状況を話します。

「4年半前に大船店で買った。」
「シャープ製の薄型液晶テレビ。」
「モニターに青いモヤがかかる。」
「レシートに5年間無料保証と書いてある。」

すると、第一声。

店員「メーカーには連絡してもらいましたか?」

ん?
なんで?

私「ヤマダ電機の保証だから、ヤマダ電機に言うものですよね?」

するとまた、こんな回答がありました。

店員「シャープには直接依頼していないのですか?」

んんん?
だから・・・
店の窓口に修理依頼に来ている私に
その質問、意味が解りません。

「専門的なことは、メーカーと直接やってもらった方がいいんだけど」
と、いうような独り言を
私に聞こえるように言いながら
手渡したレシートを見ながら
端末に数字を打ち込みはじめる。

とりあえず、その女性店員から
5年保証に入っていることを確認。
その直後、また驚きの返答が来ました。

「店舗窓口でお話頂いても二度手間となるので、こちらに電話してください。」

そして、紙を一枚手渡されました。



はあ?
どういうこと?

私「修理の受付はしてくれないの?」
店員「直接故障の説明された方が確かですから」

ムカムカムカムカ!!

こんな対応、この日本でありえます?
あまりにも想定外の対応だったので
私、呆気に取られ怒りを忘れてしまい
紙を受け取り、すんなり店を出ました。(^^;)

家に帰って、妻に報告すると・・・
妻、激怒。

休みの日の貴重な時間を割いて
ヤマダ電機の店舗に行ったのに
丸々1時間、無駄にしました(TT)

家のロビーで一息ついて
フリーダイヤルに電話をしようと
紙を手に取ると、裏面にビッシリ文字が。



文面をパッと見ただけで、嫌な予感。

私、仕事柄「これ系」の文面にはとても慣れており
一目でおおよその内容が把握できる能力があります。

保証対象外となる事柄が
老眼では見えない小さい字で
ドバーッと書いてあるのです。

そして、ここに注目。



驚くことに・・・
保証期間の後半においては・・・
「部品代・出張料はお客様負担」
となっていますね。

「修理が定額の場合、4年目以降の修理費用は50%がお客様負担」
ともあります。

ということはですよ。
5年保証の4年目で壊れた我が家のテレビは
直すのに出張料を取られ・・・
さらに一番高額な部品代が自己負担
ということになります。

これ、保証でも何でもないじゃん!

長期無料保証というのは、保証期間の「後半」が肝です。

故障が多く起きる後半が有償であるのに
「長期無料保証」と言って販売をしているのは
どう考えても詐欺ですわ。(▼▼#)

でも数パーセントの可能性があるなら
ナビダイヤルに電話をかけてみようかな?
でも、電話口で激怒してしまいそうなので
WEBにて修理登録をしてみました。

しかし、ここでもイライラ。
画面で連絡先登録欄があるのですが
携帯電話を入力するとエラーとなり
先に進みません。
どうやら、固定電話じゃないと
登録すらできないシステムのようです。

固定電話を持たない人が多いこのご時世で
ありえませんね。(▼▼#)

何度もエラーを出しながら登録して
1日後、電話がかかってきました。
妻が応対し・・・
その報告が怒髪天でありました。

妻「取りあえず現地調査に来るというのだけれど、修理しない場合は調査費用を取るって言うの。しかも修理が保証で出来るかどうかは、実際に見てみないと解らないって言うの。
じゃあ、主人に確認して折り返するって言ったら『10日以内にご返信がない場合、この修理受付は自動で取り下げとなります。』と早口で言われた。」

なんという、やっつけ仕事。

「モニターに青いモヤがかかる。」
という簡単な症状です。
メーカーに電話確認するだけで
どの程度の故障なのかは判断できます。

しかも、ネットで検索すると
同じ症状が散見されます。
ヤマダ電機で購入したユーザーで。
データは持っている筈なのですが。

怒り心頭の妻を
なぜか私がなだめることに。(^^;)

もう、仕事以外ことで
怒鳴り込む気力は今の私にはありません。
なので、ブログで愚痴らせてもらいました。

【今回の出来事での教訓】

①今後ヤマダ電機では買物しない。
②ヤマダ電機の長期保証は嘘。
③シャープの製品はよく壊れる。

昔から「シャープの家電は壊れる」と言われていました。

それを知っていながら
アクオスを買った私が悪いんです。
他メーカーよりも安いからという理由だけで。

ヤマダ電機もシャープも・・・
「安かろう悪かろう」の典型。

日本には、この事案でピッタリのことわざがあります。

『安物買いの銭失い』

本当に良く言ったものです。
残念無念。(TT)

0 件のコメント:

コメントを投稿